読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7/10 Our Favorite Things@河川環境楽園(岐阜県)

岐阜の各務原(かかみがはら)市で開かれたOur Favorite Thingsというフェスに行ってきた。

野音での髭ちゃんが久しぶりに見たかった、というのと、Yogee New Waves、Never Young Beach、Suchmosといった最近やたらと巷で話題になっているバンドが勢ぞろいしていたという理由で、岐阜はちょっと遠いけどまあどうにかなるだろう、と、軽い気持ちでチケットを購入した。ネバヤンは去年の夏のインストア以来で、サチモスは1月末にあったシークレットGIGとかいうのに参加して以来のライブ。髭ちゃんは去年の1月にあったワンマン以来だろうか?ほかのアーティストで名前を知っていたのはライムスターとオウガぐらいで、そのふたつを含めてもすべて初見だった。が、結果から言うと大当たりの大正解。残念ながら時間のせいで最初のネバヤンは見ることができなかったけど、本当にひとつもハズレがない最高のフェスだった。驚くほどにゆるくて、驚くほどに楽しい。場所も良いし雰囲気もいいし、ラインナップも最高。おまけに近くにはファミリーマートがある。こんな素敵なフェスがうちの近くにもあればどんなに良いだろう……。夢のまた夢だけど。
初見のうちで一番むちゃくちゃに踊り散らかしたのはライムスターだったけれど、とりわけ気に入ったのはOrlandという4人組(見たときは奥のドラムがまったく見えなかったのでてっきり3人組だと思っていた)。1曲目のイントロからすでに心臓わしづかみ、やっぱりフェスの予習ってしなくちゃいけない、とフェスに行くたびに繰り返す後悔をまた繰り返した。とにかくキラキラしていて、気持ちいい。
最近わたしがよく聴いている日本の音楽たちにはなんとなくふわっとした派閥のようなものがあるような気がしている。日本の音楽たちなんてたいそうな言い方したけど、言い換えるとたぶん最近徐々に売れてきているアーティストたち、ということなんだと思う。
ざっとあげるとNever Young Beach、Suchmos、Yogee New waves、Yikiki beat、tofubeats、Sugar's Campaign。あんまり詳しくないけどネバヤンとサチモスとヨギーはだいたい同じようなところにいて、tofubeatsとかシュガーズは彼らから少し離れたところにいる、みたいな。派閥というよりは、誰と誰が仲良しで、とか、活動の拠点にしている場所はどこか、というような話なのかもしれない。個人的な感覚でいくとOrlandは後者の派閥のような何かに近い感じがしている。いわゆるJ-POPという言葉やアイドルという存在と親和性が強いほう、と言い換えてみる。と、ここまで書いたけど、前者のくくりがものすごく雑。ネバヤンとサチモスは売れ始めた時期が似通ってるから同じグループに入ってるけど、やってる音楽はぜんぜんちがう感じがするし。(ネバヤンははっぴいえんどで、サチモスはジャミロクワイ

まあなんかそういうめんどくさいのは置いといて、とにかく新しい音楽を見つけることができたのでとてもうれしいという話し。来年も行きたいな~。

髭ちゃんのセットリストだけは分かるので載せておく。
せってん
ブラッディーマリー、気をつけろ!
ing
テーマ・フロム・ダリア
DEVIL'S ODD EYE
テキーラテキーラ

個人的にはハリキリ坊やのブリティッシュジョークが聴きたかったので、ちょっとだけ残念だったけど、「ねむらない」でいちばん好きだったテーマフロムダリアが聴けたので満足。須藤さんは相変わらずうさんくさくて、そして会場でなぜかやたらと斉藤さんを見かけた。サングラスがもうカートコバーンのそれではなくて、マイクスタンドにはガーベラも刺さっていなくて(まあこれはワンマン行ってたころの後半からすでにそうだったけど)、少し寂しいような気もした。

話題のサチモスはものすごい人が集まっていて、正直そこまでサチモスに入れ込んでるわけではなかったけど、一緒に行った友人の助言(?)で前のほうをキープしてライブを見た。ボーカルに対して黄色い声援が上がっていて、さすがのヨンスパイセン(呼び捨てにできない)。個人的にはギターがなぜかツボを突いてきて、途中から気持ち良くなっちゃってふわふわしていた。そういえばヨンスパイセンはダンスでもやってたのかな?首のアイソレがうまい。うま気持ち悪い(笑)。
そういえばサチモスの前で、人がおそらく一番多く集まっていたあのタイミングで、市長が各務原市の宣伝を入れてきていて、それはそれはやり手の市長なんだろうなとぼんやり思ったり。市長も面白かったのでみなさん各務原市に移住しましょう!(無茶な宣伝)
でも会場の河川環境楽園は本当にとっても素敵な場所だった。

ライムスターはほんとにライムスターという名前を知っているだけで、曲は何も知らなかったけど、なんにも気にしないでただ好きなように好きなだけ踊ってられて最高だった。ちょっと下ネタ多めだったけど、それもまたをかしかな。

とにかくゆるくて楽しくて自由で最高だった。
翌日はついでにちょっとだけ岐阜観光をして大阪へ帰りました。
次の夏フェスは念願のフジロック。ドキドキ。

おわり