3/4 XIA 3rd ASIA TOUR 'FLOWER'@大阪城ホール

シアコン行ってきたぞ〜!日本ではじめてソロ公演をした一昨年の2nd ASIA TOUR INCREDIBLEと、去年のバラードコンサートに続き、3回目のシアコンでした。こうやってブログとかに書き残すのは初めて。

舞台はメインステージと、アリーナの中央に孤島みたいに花道なしのサブステージ。しょっぱなINCREDIBLEでもうウォオアアアアってなっちゃってそのあとのセットリストは断片的にしか覚えてない。というか新しいアルバムの発売翌日とかだしバラードとかの曲名わからないしでほとんど曲名わからない。それでも感動するし十分楽しめるからシアコンはすごいなって行くたび思う。

印象的だったのは序盤、曲と曲の間に流れていたVCR。ふたりのジュンスが出て来るんですが、ひとりは前髪をあげてて服装もワイルドな感じ、もうひとりのジュンスは全身を白でかためて、前髪もおろしてて髪色もすこし淡い感じ(そう見えただけかもしれないけど)。ジュンス(というかシアかな?)の二面性を表してたのかなと思うんだけど、はじめに流れたVCRでは、白いジュンスが消えてワイルド風ジュンスが残り、その流れからテンポはやめのダンス曲へ。このときバラード調のララバイもやってたけど、やたらエロい感じの振り付けだったからあれは「ワイルド風ジュンス」に入る曲なんだろうな。個人的にあの曲は童謡みたいに無垢な感じで歌ってほしいのでエロい演出はあんまり好きじゃなかったりする。どうでもいい余談。

ひとりしきりワイルド風ジュンスをやったあとは、またふたりのジュンスが出て来るVCRが流れて、今度はワイルド風ジュンスが消えて白いジュンスが残る。そして、バラードタイム。新曲とか、あとはドラマのOSTのメドレー。「世界のどこにもいない優しい男」が本当にすごくすごく好きなのでそのOSTも歌ってくれてほんと泣きそうになってた。もうあの曲いつ聴いてもドラマの場面がフラッシュバックして泣きそうになる。ちなみに一番好きな場面は、マルが記憶を取り戻してマルに対する憎しみも取り戻したウンギに「俺がお前をいつでも殺せるようにすぐ近くにいなきゃ」って言う場面。ほんとはマルもウンギのこと好きになってるのに、そうしたら結果的にウンギを傷つけることになると思ってウンギじゃなくてジェヒヌナの言うことを聞くことでウンギを間接的に守ろうとしててみたいなこんな話どうでもいいな。「優しい男」おもしろいというか重くてつらくて切ないドラマなので興味のある方は見てみてください。

そういやチョウチョの羽がついた移動用の何か(人ひとりがその中に立てる筒みたいになってて、その後ろにチョウチョの羽がついてて、上からワイヤーでぶらさがってる)に乗ってジュンスが飛ぶ場面もありました。どこだったか忘れたけど。

ジュンス「ぼくは小さいときから高所恐怖症……」

ファン「え〜〜!」

ジュンス「ということはなかったんですがwww」

ファン「wwwwwwww」

っていう場面もあってめっちゃ笑った。うまいなあジュンス(笑)

そういえば何の曲だったか忘れたけど(たぶん序盤、白い衣装になったあとの2曲目ぐらい)、ジュンスがひとりでバラードを歌ってる途中で後ろから男のダンサーさんが4人出て来てスポットライトと戯れながら踊る曲があって、そのときのダンサーさんの使い方がすごくよくてもうジュンスよりダンサーさんガン見してしまった。ひとりすごいツボな人がいてダンスブレイクめっちゃまじめに見ちゃった。シャツめくって腹筋見せてくれてたキムなんとかさん……覚えようとしたのに忘れた……つら……。

ジーニタイムは

・MISSION(JYJの曲)を踊る

・去年末の韓国でのバラコンで歌ったある曲を歌う(タイトル忘れた)

エリザベートの曲を歌う(タイトル忘れた)

の3つ。MISSIONおどってってお願いした人が持ってたボードに「CDもってきた」って書いてあったの最高にギャグセン高かった。ジーニタイムでジュンスに歌を歌ってほしいときは歌詞をつけるのが定番になってきたとはいえ、踊ってほしいからってことでCD持って来たって強いが過ぎる。しかもジュンスがそれでいけるかどうかをスタッフに確認したら、今日はMISSIONも用意してくれててそのままけっこう長く踊ってくれてもう~~めっちゃかっこよかった〜。ほんとは年末のJYJコンサートで、MISSIONはセットリストに入ったんだけど他のメンバーが踊れないって言ったからなくしたってバラしてたけど、踊れないって言ったの絶対ユチョンですよね?だってユチョンはもう歌手でもアイドルでもないもんな……(遠い目)それでも好きやでパクユチョン………。

ジーニタイムが終わったあとは、ちょっとだけラッスンゴレライをしてくれて、そのあと、なんでそういう流れになったか忘れたけど、もうぼくも30歳になりましたっていう話をして、そしたらそのときに男の人の声で「ジュンスウウウウウウ!!!!!!」って聞こえて来て。ジュンスがその人を見つけてその人に「何歳?!」って聞くと男の人が「じゅうはち!」って答えるからジュンスが間髪入れずに「若い!!!!!」って突っ込んだ。けど、その男の人、去年のバラコンに来てジュンスにひつまぶしを渡した男の人で、ジュンスもそのことを覚えてたらしく「あーーー!!!!!!!」ってなって、感動の再会みたいになって、ジュンスがその人を孤島のサブステージまで呼んでハグ。去年のバラコンでひつまぶし渡したときの公演も見てたのでなぜか妙に感動しちゃったりして。

ジュンスにとってダンスとは?」というインタビュー動画みたいなのもVCRで流れてて、なんでかヒョクのことを思い出しながら見て不覚にもホロリ。小学校のときにふたりでダンスのチーム組んでたのが始まりだもんねー、みたいな。ヒョクはSMエンタにいるから、むかしみたいにジュンスと共演なんてほとんど夢みたいなことだろうけど、いつか落ち着いたら実現すればいいな、と思ってみたりはする。東方神起がまた5人で活動再開するとかいうのよりは実現度高いと思うし(笑)

ちまたでティーザーが怖いことで評判の新曲Flower、舞台演出はすごくきれいだった。そういえばインタビュー動画のなかで「ぼくはどうしてもテレビ番組よりコンサート主体の歌手なので(笑)」ってジュンスが言ってたのも印象的だったな。テレビに出るかわりにOSTを歌ってミュージカルをやってコンサートをやって、ずっと歌ってくれてたジュンスのこと本当に好きだなあって思う。だからこそこうやってシアコンには行き続けているんだけども。

(ちなみに管理人、5人時代の東方神起がいちばん好きで、いま現在JYJの3人は見れるけどグループとしての活動に対してはそこまで興味はなく、でもっていまの2人の東方神起は見るのも得意じゃないし、興味もそんなにない。ユチョンは何をしてもずっと好きなままなんだろうなあって悟りながら、ジュンスは曲が出たら聴くしコンサートも行くけど熱狂的ってほどではないって感じ。)

ジュンスにはこれからも活動を続けてほしいし、続けてくれる限りは足を運びたい。

おわり